ヨーグルトって、便秘解消に本当に効果があるの?

便秘サプリサポート最前線へご訪問ありがとう!本当の便秘サプリのチョイス法を参考にしてください!このポイントだけわかっていれば、ハズレの便秘サプリをゲットして悔やむ恐れはないと断言します。 - ヨーグルトって、便秘解消に本当に効果があるの?

ヨーグルトって、便秘解消に本当に効果があるの?

みなさんの中には、ヨーグルトを食べると便秘が解消する、だから食べているって方は多いと思います。
ですが、なぜ?と聞かれれば答えられないのも事実。今回はその秘密に迫っていきます。

ヨーグルトと一口に言っても、何が便秘解消につながっているか?
それはヨーグルトに含まれている乳酸菌のおかげなのです。乳酸菌はヨーグルトだけではなく、和食のベースである味噌・醤油、漬物などにも含まれている菌です。
ヨーグルトなど動物性由来の動物性と穀物や野菜由来の植物性の乳酸菌に分けられます。
ヨーグルトで有名な菌といえば、ビフィズス菌ですが、私たちのお腹の中・腸内にもこのビフィズス菌は生息しています。
何をしてるのかというと、腸内環境を整え、健康なからだを維持する為に栄養吸収・排泄をスムーズにする役割があります。
植物性乳酸菌は、このビフィズス菌が住みやすい環境づくりをしているサポータです。
2つは別の言葉で善玉菌と呼ばれています。
ですから、ヨーグルトだけではなく、野菜や果物、お米もバランスよく食べることが便秘解消の近道です。

便秘になる=腸内環境の悪化が原因です。
これは、善玉菌よりも悪玉菌の数が増えてしまい、腸内に食べ物が溜まり、それを悪玉菌が食べ、からだに悪影響を与える有害物質を生み出している状態です。
改善するためには、ヨーグルトなどで善玉菌を取り、腸内の善玉菌を増やす必要があります。
理想的な食べ方は、ヨーグルトにフルーツを合わせて食べることです。
フルーツに含まれるアミノ酸や果糖は、善玉菌の栄養になるので、栄養的にもバランス良くて、からだにも良いですね。
食べる時間帯はどの時間でもさほど変わりがないようです。でも、食後に食べることがヨーグルトの乳酸菌を最大限に生かすことができます。
理由は、ビフィズス菌は胃酸に弱く、生きたまま腸に届かなくなるからです。
食後だと胃酸が薄まっているので、乳酸菌は腸内にしっかり届くことができます。
こう考えると、食後のデザートは理にかなった食べ方です。

一番大切なことは、毎日ヨーグルトを食べ続けることです。
こう書くと「そんなの無理」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ほんの少しの心がけで十分です。
食事の調味料として、また食後にデザートとして取ったり、最近では手軽に飲むヨーグルトもありますから、そういったもので取り続ける工夫をする。
それだけで、頑固な便秘が解消できれば最高ではありませんか。
ただ食べるだけでなく、あなたの工夫次第でヨーグルトをおいしく、そして便秘解消もやってみませんか?

ページ上に戻る